2010年11月の総選挙以降の主な動き
2010年11月 7日民政移管のための総選挙を実施
11月13日アウン・サン・スー・チー氏に対する自宅軟禁措置を約7年半ぶりに解除
2011年3月30日新政権発足(民政移管の実現)
5月17日・18日政治犯約50名に恩赦
6月 8日スポーツ・娯楽関連出版物の検閲を停止
8月19日テイン・セイン大統領がアウン・サン・スー・チー氏との初の直接会談
9月 5日ミャンマー国民人権委員会を設置
9月15日インターネット規制を緩和、反政府系サイトも閲覧可能に
10月11日政治犯約200名に恩赦
10月11日労働団体法を公布
11月 4日政党登録法改正法を施行
11月18日国民民主連盟(NLD)が政党登録及び補欠選挙参加を決定
11月30日クリントン前国務長官がミャンマーを訪問(~12月2日)
12月 2日平和的集会・デモ行進法を公布
12月12日テイン・セイン大統領が国軍に対し、カチン族武装勢力への攻撃停止を指示(1回目)
12月24日玄葉前外務大臣が日本の外務大臣として9年振りにミャンマーを訪問(~25日)
2012年1月 2日政治犯約30名に恩赦
1月12日カレン民族同盟(KNU)と60年ぶりの停戦合意
1月13日政治犯約300名に恩赦
1月13日テイン・セイン大統領が国軍に対し、カチン族武装勢力への攻撃停止を指示(2回目)
2月24日強制労働徴用の根拠であった村落・都市法を廃止
4月 1日補欠選挙を実施。アウン・サン・スー・チー氏が当選。NLDが全45議席中43議席を獲得
4月 2日管理変動相場制へ移行
4月 4日クリントン前国務長官がミャンマーへの制裁緩和措置を発表(在ミャンマー大使の任命、USAID事務所の設置等)
4月30日EUがミャンマーへの制裁を停止
5月 2日アウン・サン・スー・チー氏他NLD所属議員が議会初登院
5月29日アウン・サン・スー・チー氏が24年振りの外遊としてタイを訪問
6月 8日ラカイン州マウンドー地区で回教徒系住民による暴動が発生。 同日、同地区等に外出禁止令発出
6月10日各地で暴動が拡大したことを受けて、政府がラカイン州において緊急事態宣言を発出
6月13日アウン・サン・スー・チー氏が英、仏、スイス及びノルウェーを訪問(16日にオスロでノーベル平和賞受賞演説)(~30日)
7月 3日政治犯25名に恩赦
7月 5日「平和的集会・デモ行進法」規則を施行
7月11日米国がミャンマーに対する新規投資禁止措置の緩和等を発表
8月20日事前検閲制度の全面廃止(事後検閲制度は継続)
8月28日海外の反政府活動家等約2000名を入国ブラックリストから削除し、著名な活動家等がミャンマーに帰国
9月 7日連邦議会において憲法裁判所全判事の弾劾を可決。その後、全判事は自らの意思で辞職
9月16日アウン・サン・スー・チー氏が米国を訪問(~10月4日)
9月17日政治犯約90名に恩赦
9月24日テイン・セイン大統領が国連総会に出席(~10月1日)
10月21日ラカイン州ミャウウー地区、ミンビャー地区で回教徒系住民とラカイン族住民による衝突・暴動が再発生(~30日)
11月 2日改正外国投資法公布
11月13日アウン・サン・スー・チー氏がインドを訪問(~17日)
11月15日・16日政治犯32名に恩赦
11月19日オバマ米大統領がミャンマーを訪問
11月20日連邦議会においてIAEA追加議定書の署名を承認
11月29日ザガイン地域モンユア県のレバダウン銅山プロジェクト・サイトにおいて当局がデモ隊を強制排除。僧侶を中心に負傷者 多数発生。
12月 3日政府がアウン・サン・スー・チー氏を委員長とするレバダウン銅山プロジェクト調査委員会を設置
2013年1月 2日麻生太郎副総理兼財務大臣がミャンマーを訪問(~4日)
1月18日テイン・セイン大統領が国軍に対し、カチン族武装勢力への攻撃停止を指示(3回目)
1月24日アウン・サン・スー・チー氏が米国ハワイ及び韓国を訪問
1月24日情報省検閲登録局(Press Scrutiny and Registration Division)を廃止
1月30日日本政府がミャンマーに対する延滞債務解消措置を実施