在ミャンマー日本国大使館
日ミャンマー外交関係樹立60周年記念事業
「日本映画祭2014」のお知らせ

このたび在ミャンマー日本国大使館では、「日本映画祭2014」を10月から12月にかけて、ミャンマー国内3都市で開催いたします。今年はエンターテイメント性の高い2つの作品(「ハッピーフライト」(矢口史靖監督、2008年)、「ハナミズキ~君と好きな人が百年続きますように」(土井裕泰監督、2010年)、いずれも英語字幕付き)と、新進気鋭のアニメーション監督による2作品(「雲のむこう、約束の場所」(新海誠監督、2004年)、「言の葉の庭」(新海誠監督、2013年)、いずれもミャンマー語字幕付き)の計4作品を上映します。またタウンジーでは、「THWAY-血の絆」(千野皓司監督、2013年、ミャンマー語)も合わせて上映します。皆様、家族や友達をお誘いの上ぜひお越しください。
*** 入場無料 ***

1.上映作品
(1)「ハッピーフライト」(矢口史靖監督、2008年、103分)
物語の主な舞台になるのは、日本からホノルルに向けて旅立つ1980便の機内。副操縦士、鈴木和博(田辺誠一)にとって、このフライトが機長に昇格するための最終試験となり、新人キャビン・アテンダント、斉藤悦子(綾瀬はるか)にとっては記念すべき国際線デビュー。しかし離陸直後に鳥に衝突されたことに由来する機体トラブルから、飛行機はやむなく日本に引き返すことに。鈴木らを待ち受ける最後の難関となった、台風の接近に伴う困難な着陸も地上から指示を出すオペレーション・コントロール・センターらの協力で何とか克服、若い航空関係者を成長させるほろ苦くも充実したフライトとなった。
©2008 FUJITELEVISION / ALTAMIRA PICTURES / TOHO / DENTSU

(2)「ハナミズキ~君と好きな人が百年続きますように」(土井裕泰監督、2010年、128分)
2004年にリリースされた一青窈のヒット曲をモチーフに、すれ違いの純愛ドラマにアレンジして映画化。遠距離恋愛を選んだ男女の10年間を、ドラマチックなエピソードを連ねて綴る。監督は『涙そうそう』でもヒット曲を恋愛劇に仕立てた土井裕泰。父を亡くし、北海道で母と暮らす高校生の紗枝(新垣結衣)は、漁師を目指す康平(生田斗真)と恋に落ちる。やがて紗枝は大学進学のために上京。離れていても恋心は変わらないと信じていたが、2人の間に溝ができ始める。
©2010 “HANAMIZUKI” Production Committee

(3)「雲のむこう、約束の場所」(新海誠監督、2004年、91分)
日本が南北に分断された、もう一つの戦後の世界。米軍統治下の青森の少年・藤沢浩紀(ヒロキ)と白川拓也(タクヤ)は、同級生の沢渡佐由理(サユリ)にあこがれていた。彼らの瞳が見つめる先は彼女と、そしてもう一つ。津軽海峡を走る国境線の向こう側にそびえる、謎の巨大な「塔」。いつか自分たちの力であの「塔」まで飛ぼうと、小型飛行機を組み立てる二人。だが中学3年の夏、サユリは突然、東京に転校してしまう……。そしてヒロキとタクヤも、それぞれ別の道を歩き始める。
3年後、ヒロキは偶然、サユリがあの夏からずっと原因不明の病により、眠り続けたままなのだということを知る。サユリを永遠の眠りから救おうと決意し、タクヤに協力を求めるヒロキ。そしてサユリの目を覚まそうとする二人は、思いもかけず「塔」とこの世界の秘密に近づいていくことになる。
はたして彼らは、いつかの放課後に交わした約束の場所に立つことができるのか……。
©Makoto Shinkai/CoMix Wave Films

(4)「言の葉の庭」(新海誠監督、2013年、128分)
靴職人を目指す高校生・タカオは、雨の朝は決まって学校をさぼり、公園の日本庭園で靴のスケッチを描いていた。ある日、タカオは、ひとり缶ビールを飲む謎めいた年上の女性・ユキノと出会う。ふたりは約束もないまま雨の日だけの逢瀬を重ねるようになり、次第に心を通わせていく。居場所を見失ってしまったというユキノに、彼女がもっと歩きたくなるような靴を作りたいと願うタカオ。六月の空のように物憂げに揺れ動く、互いの思いをよそに梅雨は明けようとしていた。
©Makoto Shinkai/CoMix Wave Films

2.上映スケジュール
(1)タウンジー:Bandoola Cinema Hall (Myat Lin Rd., Taung Gyi, Tel: 081 – 2121123)
日にち時間作品名
10月30日(木)16:30血の絆
10月31日(金)17:30ハッピーフライト
11月1日 (土)17:30(1)雲のむこう、約束の場所
(2)言の葉の庭
11月2日(日)17:30ハナミズキ


(2) ヤンゴン:Nay Pyi Taw Cinema Hall (Sule Pagoda Road, Yangon, Tel: 01-252116)
日にち時間作品名
11月21日(金)18:30ハッピーフライト
11月22日 (土)18:30(1)雲のむこう、約束の場所
(2)言の葉の庭
11月23日(日)18:30ハナミズキ


(3) マンダレー:Win Lite Cinema Hall (84th St., Betwn 32nd and 33rd Street, Mandalay, Tel: 02- 35229)
日にち時間作品名
12月19日(金)18:30ハッピーフライト
12月20日 (土)18:30(1)雲のむこう、約束の場所
(2)言の葉の庭
12月21日(日)18:30ハナミズキ


3. お問い合わせ
在ミャンマー日本国大使館広報文化班
No. 100 Natmauk Road, Bahan Township, Yangon
Tel: 01 549644-8