広報文化

2022/4/25

日本への留学

     日本への留学に関する様々な奨学金、入学試験、事務手続きなどの留学情報をまとめました。更に詳しく日本への留学について知りたい方は、日本留学ガイドブックなども参考にしてください。

日本語学習

  • ミャンマーで日本語を勉強するには
     ヤンゴン、マンダレーの外国語大学には日本語学科があり、学部コース、専門課程、夜間コースなどで日本語、日本文化などを教えています。また、ヤンゴン、マンダレー、モーラミャイン、タウンジー、パテイン等の都市には私立の日本語学校や、ボランティア教師の教える日本語学校、僧院学校などもあります。ミャンマーにおける日本語教育について詳しくお知りになりたい方は 国際交流基金のホームページ(日本語教育 国・地域別情報 ミャンマー) をご覧ください。

  •  
  • 日本語能力試験 JLPT
     日本語能力試験は、原則として日本語を母語としない人を対象として日本語の能力を測定し、認定することを目的として行う試験です。ミャンマーでは、国際交流基金がミャンマー元日本留学生協会(MAJA)の協力を得て、ヤンゴンおよびマンダレーにおいて7月と12月に実施しています。日本語能力試験について詳細にお知りになりたい方は、 日本語能力試験(公式サイト)をご覧ください。

各種申請

  • 後援名義
     大使館では、ミャンマーで開催される日本の紹介や国際親善に役立つ事業等に対し、一定の審査を経た上で後援名義の付与を行っています。後援名義の付与を希望される場合は、外務省「後援名義等の使用許可申請要領」をご確認の上、名義使用開始希望日の1か月半前を目途に必要書類を添えて申請ください。なお、事業の内容によっては後援名義等の使用を認めない場合がありますので、予めご了承下さい。
    <申請先及びお問い合わせ先>
    在ミャンマー日本国大使館 広報文化班:info.cul@yn.mofa.go.jp
  •  
  • 一般文化無償資金協力/草の根文化無償
     一般文化無償資金協力は、途上国の政府機関に対して文化・高等教育振興を目的とした機材供与、施設整備(施設建設・修復)等の購入に係る資金の贈与を行うものです。
  •    草の根文化無償資金協力は、地方公共団体、NGO等開発途上国のいわゆる草の根レベルで活動する非営利団体(NGO,地方公共団体、研究高等教育機関等)が行う文化・高等教育事業の実施を支援するために資金の贈与を行うものです。詳しくは、 こちらをご参照ください。